■サイトマップ

2012年3月の投稿一覧

震災から一年の経験

ito-pro伊藤でございます。
震災から一年が過ぎ・・・
私自身ボランティア活動に身を費やしお金で買えない経験をつませて頂く事ができました。

去年3月末に担げるだけの物資を担ぎ、新幹線とバスを乗り継ぎ宮城県石巻市の叔母の元に物資を届けに行った事がきっかけに・・・一年間をほぼ宮城県での生活が始まってしまいました。

今思えば東北で私を待っていたのが人との出会いだった気がします。
宛てもない活動に不安を掲げていた4月、5月・・・
気づくと同じボランティア仲間との生活
泊まるところも無しでくるボランティアの人たちを私が現地で借りた事務所や私の祖母の所有の農業倉庫の2階で寝袋に包まりながら毎日一緒に過ごし・・・
気づくと親友?と思える仲間も出来ていました。
お風呂は一週間に2回ほど道の駅の銭湯へ・・・
毎日の活動で汗をかき、泥にまみれ、体は臭いし、足は臭う・・・が被災者の方々も同じようなもしくはそれ以下の生活をしている人もみえました。

被災者のレッテルを背負い自らボランティアに尽くす方もみえました。
60台の男性(Nさん)の方でした。目の前で奥さん、お袋さん、孫さんを亡くしてしまい・・・が負けじと自分の町を綺麗にする為に毎日毎日、誰よりも朝早くから(朝5:00)活動を始め、9時か10時に来るボランティア団体の受け入れをする為に段取り、支度し・・・朝の遅いボランティア団体を有効に使えるようにと・・・休みも無しに毎日がんばっておりました。
その男性の方(Nさん)は常にこんな事を言っています。「本当は俺が死ねば良かった」「罪の無い嫁、孫、お袋の命を奪い…」
「どうして俺が残った?」「が・・・先祖が残してくれたこの町の風景を綺麗にする為に俺が残ったのかも…」
「逆に俺が死んでいれば・・・このガレキを嫁や孫ではどうする事も出来なかったかも」
「今では、孫がじいじ・・・がんばれって背中を押してくれてる気がする」
Nさんと話をすると私自身・・・涙が出てしまう事も何度もありました。

Nさんとの出会いも私の宮城に一年いた一つの理由だったのかもしれません。
Nさんは自分の生まれ育った町を元通りにはなりませんが、活気のある町に戻したいと熱く私に呼びかけ、私も賛同し…またその私に賛同してくれる仲間も出来てしまい・・・一年が過ぎてしまいました。

本当に東北での人との出会で東北での活動も支えられ、続ける事が出来ています。
今後の東北での活動は、「社会的に意義のある活動」を目標とし仲間と数人で宮城県に残ることが決まりました。

私の様な・・・駄目人間を必要としてくれる方々がいてくれる事が嬉しくて、それに答えたくて宮城県での活動をもう少しではありますが・・・続けさせていただきます。

今現在での宮城県での活動内容

3月
・物資の運搬
4月
・物資の運搬
・電気復旧
・泥かき、ガレキ撤去
・被災者向きの住宅修理、復旧
5月~8月
・住宅修理
・物資の運搬
8月~11月
・被災者向け借家の修繕(東京バプテスト教会の協力)
12月~3月
・被災者向け借家の修繕(東京バプテスト教会の協力)
・気仙沼市本吉町津谷大沢地区の集会所の建設(NPO法人アプカスの協力)

まだまだこれからも活動は続きます。

株式会社 ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

-Pagetop

株式会社ito-pro
愛知県知事許可(般-22)第57860号
〒446-0064 愛知県安城市弁天町5番2号
TEL.
0120-35-4109 0566-91-6834 E-mail:contact@ito-pro.com

岡崎の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


岡崎で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。岡崎のリフォームはお任せ下さい。
岡崎でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を岡崎で専門とするリフォーム会社です。

© 岡崎 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.